フライングが中国商業施設へテナント出店提案

更新日:2011年 9月28日 (水)

 商業や貿易コンサルティングのFLYING(=フライング、本社名古屋市中区大須4の13の32・3A、加藤剛社長、電話052・251・0818)は日本の小売業を対象に、日本の高い接客サービスなどを導入する中国の商業施設への出店提案を開始した。日本企業が中国の商業施設にテナント出店する場合、現地の商習慣に不安を感じることもある。同社は中国・天津の現地法人を通じて、スタッフ募集や代金回収などの支援体制を整え、中国進出を支援する。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2011年 9月28日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2011年9月 > 28日 > フライングが中国商業施設へテナ...