旭精機工業がMRJの尾翼構成部品80点を供給

更新日:2011年 7月29日 (金)

 旭精機工業(本社尾張旭市、山口央社長)は、三菱航空機の次世代小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の垂直尾翼を構成する部品80点以上を受注した。2012年春までに生産開始し供給する見通し。米ボーイング社の新型中型旅客機「787」のアルミ部品の製作などで培った製造ノウハウを生かす。新規受注で航空機部品事業を拡大する。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2011年 7月29日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2011年7月 > 29日 > 旭精機工業がMRJの尾翼構成部...