美濃粘土が作りながら学習できるキット2種発売

更新日:2011年 3月17日 (木)

 学習用教材製造、販売の美濃粘土(本社多治見市小田町1の5、荻原光明社長、電話0572・25・1121)は、子どもが楽しみながら作って遊べる手作りキット2種を発売した。「手とり足とりくん」は、粘土で型を取り石こうで実物大の足や手を再現できるもので、粘土は造形用として再利用できるのが特長。「陶製マルチポット」は、絵を描ける面積が広く、ポットの用途が多彩。いずれも教材向けを中心に、今春から提案する。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2011年 3月17日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2011年3月 > 17日 > 美濃粘土が作りながら学習できる...