美濃粘土の本社隣接店舗が手づくり品や工作のヒント提供で好評

更新日:2010年 12月24日 (金)

 学習用教材製造販売の美濃粘土(本社多治見市小田町1の5、荻原光明社長、電話0572・25・1121)が本社に隣接して開設した店舗が、主婦の手づくり品や子どもの工作のヒントになるとして好評を得ている。もともと同社製品を展示するスペースとして開設したものだが、現在はリボンを作る素材や、チベットに古くから伝わるパワーストーン「天珠(てんじゅ)」を豊富にそろえ、内容を充実してきた。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2010年 12月24日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2010年12月 > 24日 > 美濃粘土の本社隣接店舗が手づく...