ダイムが軟らか加工の食材を福祉施設に提案

更新日:2010年 12月 2日 (木)

 福祉施設の給食受託事業などを手がけるダイム(本社津島市又吉町2の39の1、今井恵美社長、電話0567・24・1104)は、味や形を損ねずに軟らかく加工した食材「ほほえみKAM」を福祉施設に提案していく。咀嚼(そしゃく)困難な多くの高齢者が粉砕または液状にした食事を中心に摂取する中、食材が本来備えている味覚や視覚を楽しんでもらうのがねらい。加工食材の拡充とともに、東海3県をエリアに受注を伸ばす計画だ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2010年 12月 2日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2010年12月 > 2日 > ダイムが軟らか加工の食材を福祉...