ベルグリーンワイズが鮮度保持フィルム生産能力2・5倍に

更新日:2010年 9月27日 (月)

 ベル春日井(本社名古屋市中区新栄2の42の28、小森弘道社長)傘下で、鮮度保持用包装資材の加工販売を手掛けるベルグリーンワイズ(同、同)は、機能性鮮度保持フィルム「オーラパック」の生産能力を2・5倍に強化する。7月に研究機関などとの合同研究で生シイタケにおける鮮度保持効果を確認。今後、対象品目を拡大し、青果物向け単体フィルム包装資材での全国シェア6割を目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2010年 9月27日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2010年9月 > 27日 > ベルグリーンワイズが鮮度保持フ...