メイエレックが自社製品開発を加速

更新日:2010年 9月24日 (金)

 名古屋鉄道の子会社で、鉄軌道設備の保守・整備を手がけるメイエレック(本社名古屋市熱田区、安藤和史社長)は、自社製品の開発を加速する。運行乗務員の本人確認を指静脈認証で行う点呼業務支援システムをこのほど開発。バス位置情報システムではバス停に設置する画像案内装置を開発しており、来3月期に全国の路線バス事業者などに販売開始する考え。今期の技術開発部門売上高を前期実績比1割増の10億5千万円とし、5年後をめどに20億円に引き上げる。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2010年 9月24日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2010年9月 > 24日 > メイエレックが自社製品開発を加...