出会いその時=金トビ志賀社長の志賀重介さん

更新日:2010年 9月 6日 (月)

 「まだ3年の付き合いだが、何があっても2人でとことんまでやってみようという思いがある」。製粉・乾めん製造の老舗・金トビ志賀(蒲郡市)の4代目社長の志賀重介さんは、独自の地域ブランドを推進するサムライ日本プロジェクト総合プロデューサーの安藤竜二さんへの思いを語る。サムライプロジェクトへの挑戦が、国際品評会で初の金賞受賞や社内の意識改革に結び付いた背景もあり、安藤さんへの信頼は誰よりも厚い。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2010年 9月 6日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2010年9月 > 6日 > 出会いその時=金トビ志賀社長の...