山口生花が使用済みバラ再生で環境ビジネスに本腰

更新日:2010年 3月10日 (水)

 ギフト用生花販売の山口生花(本社可児市広見2067の2、山田裕之代表、電話0574・62・4656)は、使用済みのバラ再生による環境ビジネスに本腰を入れる。全国でバラを入れた風呂を取り扱う業者に呼びかけ、使用したバラを同社が回収し、ポプリなどの2次製品として再生し、協力企業に売上高のキャッシュバックなどを提案する。山田代表は「バラの花を活用する環境ビジネスとして裾野を広げたい」として「ローズバンク」をめざす。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2010年 3月10日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2010年3月 > 10日 > 山口生花が使用済みバラ再生で環...