サンアート実用性と楽しさ両立の「売れる陶磁器」作製

更新日:2010年 2月16日 (火)

 陶磁器卸メーカーのサンアート(本社瀬戸市品野町310、寺田長社長、電話0561・42・0366)は、実用性と楽しさを両立した売れるモノづくりを実践している。創業時の陶器製ショウガおろしを皮切りに、おたま立てや愛らしい表情を施した食器などを世に送り出してきた。最近では、顔の形をしたメガネ置きや素焼きの加湿器が人気を集めている。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2010年 2月16日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2010年2月 > 16日 > サンアート実用性と楽しさ両立の...