中村・フクイヤが新型インフルエンザウイルスを不活性化させる「NRC触媒」を製品化

更新日:2009年 10月30日 (金)

 環境浄化製品の開発を手がける中村・フクイヤ(本社愛知県海部郡大治町花常堀之内境34の1、山田幸子社長、電話052・444・4616)は、新型インフルエンザウイルスを不活性化させる「NRC触媒(炭素系有機無機複合化合物)」を製品化、11月から発売する。抗ウイルスに加え、抗菌、防カビ、消臭、抗酸化機能も備えるほか、化学的に安定しているため光や温度の影響を受けることなく、長時間効力が持続するのが特長。新型ウイルスや院内感染対策などマスク用やコーティング施工用スプレーなどに提案していく。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2009年 10月30日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年10月 > 30日 > 中村・フクイヤが新型インフルエ...