アカリが床滑り止め工事関連事業を強化

更新日:2009年 10月30日 (金)

 床の滑り止めや防犯フィルム施工請負のアカリ(本社名古屋市守山区八剣1の1309、若杉繁行社長、電話052・798・1299)は、床滑り止め工事関連事業を強化する。滑りやすい石やタイルの床に、マットを敷いたり、シールを貼るなどの滑り止め法もあるが、見た目が悪かったりつまずきの原因になるなどの課題がある。同社の「すべらーず工法」は床に特殊な液体を塗って乾燥させる程度の簡単施工で効果があり、意匠も変えないため、これらを売りに施工件数拡大を目指す。同社の前期(2009年9月期)売上高は約6500万円だが、同工法の施工代理店を増やし来期(11年9月期)に1億円の突破を目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2009年 10月30日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年10月 > 30日 > アカリが床滑り止め工事関連事業...