森養魚場が養殖アユ生産で全国トップクラス維持

更新日:2009年 6月23日 (火)

 養殖アユ生産の森養魚場(本社大垣市墨俣町、森一博社長、電話0584・62・5637)が、高水準な生産を続け、全国トップクラスの座を不動にしている。人工種苗導入による安定供給体制を整え、5年前から年間350トン前後の生産を継続。今年は400トン超の増産計画を立てる。アユ養殖業界が低迷する中、同社の好調ぶりはひと際目立つ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2009年 6月23日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年6月 > 23日 > 森養魚場が養殖アユ生産で全国ト...