太田油脂が中国でエゴマの契約栽培を拡大

更新日:2009年 6月18日 (木)

 植物油メーカーの太田油脂(本社岡崎市福岡町字下荒追28、太田健介社長、電話0564・51・9521)は、中国でエゴマの契約栽培を拡大する。黒龍江省2カ所に、既存の3倍となる約150ヘクタールの農地を確保した。原料の安定化とエゴマ油の品質向上が目的。「安全・安心」を旗印に、エゴマ由来の加工食品を拡充する。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2009年 6月18日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2009年6月 > 18日 > 太田油脂が中国でエゴマの契約栽...