東海の地銀、業績予想を相次ぎ下方修正

更新日:2008年 10月29日 (水)

 東海三県の地方銀行が、二〇〇八年九月中間決算(連結、第2四半期累計)の業績予想を相次ぎ下方修正している。二十八日までの各行の発表によれば、十六銀行、岐阜銀行、第三銀行の三行が最終赤字に転落。中京銀行を除く大垣共立銀行、名古屋銀行、愛知銀行の三行も最終利益の予想を下方修正した。世界的な金融危機などを背景とする株価低迷で保有有価証券の評価損を計上したためだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2008年 10月29日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2008年10月 > 29日 > 東海の地銀、業績予想を相次ぎ下...