ソトーが複合素材増強へ設備投資前倒し

更新日:2008年 10月21日 (火)

 ソトー(高岡幸郎社長)は、来年度に計画していた設備投資三億円分を今年度に前倒しする。生産拠点の省エネ対策や複合素材の生産能力増強、設備の老朽化への対応などを加速する。原材料や原油の高騰に伴うコスト削減策が急務になっているのに加え、新たな複合素材の短納期化にも迫られている。景気後退から設備投資を抑制、先送りする企業が多い中で、同社はいち早く生産体制を再構築し、競争力を高める。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2008年 10月21日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2008年10月 > 21日 > ソトーが複合素材増強へ設備投資...