信長が天下統一への道を開いた「清洲城」

更新日:2008年 10月11日 (土)

 数年前から戦国ブームだ。そして戦国を語るときに抜きにはできないのがこの東海地区。特に、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人は、東海から生まれ、のちに天下を治めた名だたる武将。清洲は、信長が治めていた時期があり、ここから桶狭間の合戦に向けて出陣、その後天下統一への道を登っていった意味深い場所。現在、電車の窓から見える「清洲城」は、残念ながらもともとの場所で復元されたものではないが、清須市のシンボルとして市民に愛されている。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2008年 10月11日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2008年10月 > 11日 > 信長が天下統一への道を開いた「...