DDSが来年度から米国で製品販売

更新日:2008年 10月 7日 (火)

 指紋認証システム大手のディー・ディー・エス(DDS、本社名古屋市、三吉野健滋社長)は来年度から、米国で指紋認証機器の販売に乗り出す。名古屋工業大学と共同開発した指紋認証機器を投入する。米国の提携先の半導体指紋認証センサーメーカーをはじめ、大手セキュリティーメーカーと業務提携したのを機に、セキュリティー機器の需要が世界で最も多い米国市場に本格参入。海外での事業展開に弾みをつけ、二〇一一年度の売上高に占める海外比率を50%(〇七年度実績17・6%)に引き上げる方針だ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2008年 10月 7日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2008年10月 > 7日 > DDSが来年度から米国で製品販...