東海光学が装用感向上させた遠近両用レンズ

更新日:2008年 10月 3日 (金)

 眼鏡レンズメーカーの東海光学(本社岡崎市、古澤武雄社長)は十六日、レンズの装用感を大幅に向上させた遠近両用レンズを発売する。人間が無意識に感じるストレスを脳波で感知・分析する手法を業界で初めて導入。レンズの視野のゆがみを抑えつつ、見えやすい範囲をこれまでより二割程度広げることに成功した。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2008年 10月 3日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2008年10月 > 3日 > 東海光学が装用感向上させた遠近...