中部乳業が殺菌技術応用、しらす加工業に参入

更新日:2008年 9月 9日 (火)

 牛乳、乳製品メーカーの中部乳業(本社岡崎市明大寺町天白前四五、市川幹好社長、電話0564・22・2637)は、しらす加工業に参入した。生乳の殺菌ノウハウを応用し、しらすに付着する細菌数を従来の1%以下に減らせる設備を導入。くさみを抑え、賞味期限を大幅に延長できるようにした。すでに大手スーパーへサンプル出荷を始めており、しらす加工を新たな事業柱に育てていく方針。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2008年 9月 9日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2008年9月 > 9日 > 中部乳業が殺菌技術応用、しらす...