いのちの輝きにふれていたい 特養「せんねん村」魂のきずな

表紙写真
出版物のページに新刊「いのちの輝きにふれていたい 特養「せんねん村」魂のきずな」を掲載いたしました。

西尾市にあるせんねん村が開設されてから16年、著者は常に”日常の感覚”を意識して運営にあたってきました。

個別・ユニットケアをはじめ認知症への対応、食事などで先駆的な取り組みを進め、質を維持するためにどのように奮闘してきたかを赤裸々に語ります。

「生きることは老いること」
 生と死について語る筆者の言葉は説得力があり、生きることの尊さを感じざるを得ません。

 

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

 

現在の位置:ホーム > 中部経済新聞社からのお知らせ > いのちの輝きにふれていたい 特...