かつて使っていた題字に11月1日から変更します

創刊の原点にもどる

新題字
創刊時の社名題字を復活


1面の社名題字は創刊時のものを復活させます。
現在の横書きの社名題字から、縦書きの題字に戻します。


地域経済の新鮮なニュースを幅広く

 中部経済新聞社は、11月1日付をもって紙面改革を行います。今回の紙面改革は創刊の原点を大切にし、地域経済の新鮮なニュースを大幅に強化します。弊紙は終戦の翌年の1946年11月、中部地域の振興を目的に創刊されました。グローバル化の進展に伴い、地域の役割が一段と重要になっており、地元の経済ニュースを強化することで活性化に貢献していきます。

名古屋面を新設

 具体的には、各地区の地元企業の記事本数を増やし、なかでも名古屋地区は「名古屋面」を新設し、経済ニュースの発掘に力を入れます。新企画としては、「名古屋面」で若手営業マンを取り上げる「熱血ビジネスパーソン」、東西企業の名古屋駐在トップが登場する「名古屋サロン」、最終面で〝名水〟探しなどの「こだわりの旅」、中高年齢者をテーマにした「人生満喫」などを始めます。

 

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

 

現在の位置:ホーム > 中部経済新聞社からのお知らせ > かつて使っていた題字に11月1...